音楽PRとして復帰しました。

久しぶりの更新となりますが(いつも言ってる)最近、徐々に音楽PRとして活動を復帰させているので、そのことについてプロモーションも兼ねてこちらで紹介したいと思います。

現在もまさに動いていて、3月30日の開催を控えた"RPR SOUNDSYSTEM"の来日イベントに関わらせて頂いています。

こんな感じで。

 

『VOGUE JAPAN』

www.vogue.co.jp

繊研新聞

senken.co.jp

『Qetic』

qetic.jp

 

その他、mixmag Japanのマガジンにも掲載されています。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、私はライターでもあるので自分が連載を持つ媒体はもちろんのこと、自身のコラムに寄稿することも可能です。但し、上記の繊研新聞の記事のように単なるプレスリリースのリライトではなく、自分の感性や視点からアーティストやイベントについて書くようにしています。

 

最近の実績は、自分でも驚くほどの反響でしたが、主催側からも大盛況!!と感謝の言葉をもらって嬉しかったパーティーがこちらです。

qetic.jp

 

もちろん、コンテンツの素晴らしさが最重要ですが、日本にいながら海外の最新情報やアーティストを網羅するのは非常に困難な上に、当然ながら英語の記事がほとんどになります。それを分かりやすく日本語で表現することもPRとして大切なことだと思っています。

 

その他にも、インタビューや後パブとしてパーティーレポートなどの掲載も可能です。PRとしてではないですが、下記のようなインタビューやレポートが出来ますのでこちらもご参照下さい。

www.mixmag.jp

www.mixmag.jp

 

これらはほんの一部となりますので、他も見てみたいなどのご要望がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。自分の媒体以外では、主にファッション、カルチャー、音楽媒体へのアプローチとなり、事前にリストを提出することも可能です。また、ご依頼内容に合わせたPR方法を具体的にご提案させて頂きます。

PRのフォーマットは特にありませんので、まずは何でもご相談頂ければと思います。プロフィールの作成やプレスリリースの作成なども可能です。但し、依頼内容に関してはかなり厳選させて頂くことをご理解頂けると幸いです。

(個人アドレスの公開はしませんので、まずは同ブログのメッセージからお願いします。) 

 

PRとしての経歴は下記プロフィールを参照下さい。

 

宮沢香奈(Kana Miyazawa):

セレクトショップのプレス、ブランドディレクターなどを経たのち、フリーランスとしてPR事業をスタートさせる。ファッションと音楽の二本を柱に独自のスタイルで実績を積む。

主なフェスティバル:

BIG BEACH Festival、Slow Music Slow Live、SANCHA MUSIC Festival、Yokohama Bay Hall 15th Anniversary、rural、etc,,,

 

主なイベント:

mule musiq presents ENDLESS FLIGHT、Defected in The House、op.disc showcase、RPR SOUNDSYSTEM、Cadenza showcase、etc,,,

 

主なアーティスト:

青木カレンDachambo

 

主なレーベル:

mule musiqop.disc、Timothy Really、Defected、Manhattan Records、BBQ、etc,,,

 

eコマース:

BANANA

 

日本にいた時の記憶が曖昧なので、かなりざっくりですが、、、

PRではないですが、最近の活動に関してはInstagramをフォローしてご覧下さい。

www.instagram.com