マスコミとは一体、、、

案の定、連載コラムが始まったらこちらのブログがおろそかになってしまいました。

でも、コラムはおもしろいです。きちんとした伝達ツールであって、

自分にとっての新たな挑戦であって、実験的であって。

まだまだ手探り状態ですが、ちょっと変わった視点からいろんなモノを

見て、聴いて、感じて、伝えていけたらと思っています。

 

是非、読んで下さい。

http://instagram.com/p/mNoQvLysS6/

 

http://www.qetic.jp/column/km-post04/111728/

http://instagram.com/p/mkuAWSysSA/

 

http://www.qetic.jp/column/km-post05/112095/

 

それにしても、日本のメディアはどこまでゴミになっていくんでしょうか。

ほとんどが、テレビの話になりますが。

現在の主役は小保方さん、少し前の主役は佐村河氏。

まるで、その週の”顔”が変わっていくオムニバスドラマのようです。

本当は、真実なんてどうでも良くて、いかにおもしろく渦中の人物を

祭り上げられるかということだけに執念を燃やしているように見えて

仕方ありません。

 

もちろん当人たちが関係者を騙したり、犯罪行為を行っているとしたら

処罰を受けるのは当然だし、子供ではないのだから責任を取るのは当然。

ただ、毎回毎回ああいった血祭りわっしょいな報道には辟易してしまいます。

そして、それを見ていた視聴者がおもしろおかしくSNSでネタにして

騒ぐのはもっと辟易する。

飽きたら次の主役を待って同じことを繰り返すだけですよね。

 

ヒマか?

 

”お騒がせてしてしまい、皆さんには大変ご迷惑をお掛けしました。”

という謝罪会見ドラマには必ず出てくるセリフは、一体誰に向けられた

言葉なんでしょうか。

世間を騒がせているのは、あなたではなく、マスコミです。

有名になるための売名行為であるなら、嬉し涙の中、震えながらそのセリフを

言っているんだろうし、裏で誰かに操られた出来レースなら、不本意な

気持ちのまま棒読みのヘタな演技に見せているんでしょう。

 

報道されてる中には、有名になりたくてなったんぢゃない人だっている。

どうでもいいニュースの陰に隠れてしまって、すっかり報道されなくなった

袴田事件。悲しみと憤りでいっぱいの冤罪事件の主役となってしまった袴田さん。

ある新聞で、何時に起き、朝食に何を食べて、何を話して、何時に就寝した。

と書かれてあった。

そんなことを書かれるために何十年もの間、無実の罪で刑務所に入って

いたわけではないでしょう。もちろんそこだけをクローズアップしている

わけではないけど、もっともっと事件のことや本人の悔しい気持ち、

家族の気持ち、そういったものを事細かに伝えるべきではないんでしょうか?

 

マスコミとは一体何のためにあるのか。

 

都合の悪い真実は隠蔽し、ネタになる良い”主役”を見つけてきては

謝罪会見という視聴率とバズることだけを考えたドラマが作られる。

これだけ物や情報で溢れているはずの日本はいろんなことで海外から遅れを

取っている。それはマスコミに操られ、自分自身で善し悪しを判断することが

出来なくなってしまっているからだということに気付くべきだと思う。

本当は気付いているのに”平和ボケ”でいたいために気付いてない振りを

しているだけかもしれないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有言実行

心を突き動かすのはこうゆうことを知った瞬間かもしれない。

沈んだ心も塞がれた気持ちもパッと目が冷めるのは

身近な誰かの言葉だったり、行動だったりする。

 

前から思いやりのある”イイ男”だとは思っていたけど、撤回したい。

”有言実行の出来るイイ男”に。

 

現在、一級建築士の友人が福島へ単身赴任していると聞いた。

震災で被害にあった方々に支払われる保険金の手続きを迅速にするため、

査定役として一級建築士が必要だという保険会社の募集に彼は手を挙げた。

そして、たった3人の福島県担当に選ばれたのだ。

これは運命なのだろうか?

全てのことが偶然ではなく必然なのだとしたら、友人は選ばれるべくして

選ばれ、福島にいる。

 

そうか、そうゆう役立ち方もあったのか!と目から鱗でしたが、

私には一級建築士なんて資格はないし、こうゆう活動をしている人たちが

いるということだけでも知ってもらいたくて、本人の許可を取って、

FBの日記を転載させてもらいました。

 

あの日から何をしたら良いのか、何をすべきか、をずっと考えてきた。

行動に移したこともあったけど、それは本当に些細なことだった。

自分の考えは大きく変わったのだから、友人の様に”有言実行”に

移せる何かを見つけたい。

 

中略等なしで全て記載しています。

是非、読んで、知って、あなた自身で考えて欲しい。

今のこの日本について、これからの日本について。

 

本日も労働が終了しました。

ここへ来てもうすぐ二週間が経ちます。
二月下旬、災害派遣の現場調査スタッフを某保険会社が緊急募集しており、

講習に参加しました。震災や異常気象などで被害に遭われた方に一刻も早く

保険金を支払う為に一級建築士を募集しているという事でありました。
僕の職業は普段意匠設計でプランニングをしたり、耐震補強とともに

リノベーションをしたり、官公庁関係の仕事やここ数年ではマンション

大規模修繕のコンサルタント業務など幅広いのですが、所謂サービス業であります。


3.11の衝撃以降、兼ねてから人の為になる仕事をしたいと思っておりましたが、

今回は2月中旬に関東圏を襲った大雪による被害が多発し、東京、神奈川、埼玉や

私の派遣された福島も大雪による被害がとてつもない状況です。

雪の被害では人命に関わる事はあまりないですが今回は万が一震災や

異常気象によって広域災害が起きた時に自分も出来ることをしたいと言う事で、

勉強の為にこの仕事に参加してみることにしました。
入門編には丁度良いかと、家を失った方々などを一刻も早く助ける事が出来たなら、

私も少しは役に立てると思っています。

派遣先が福島になった時、最初は躊躇しましたが、震災以降、何の役にも立ってない

自分が福島の方々と働き、何かを感じたり、また同じ日本人の同志として

助け合わなければならないという考えを実行する時が来たんだと思いました。

3000人余り東京でも建築士が募集された中で福島はたった三人、

この枠に僕が選ばれたのも何かのご縁だと思います。

仕事の内容としては少々思っていたものとは違っていましたが、保険金請求の

あった被害状況を建築士が鑑定し、加入している保険内容と照らし合わせながら

見積書を精査、適正な損害金額を算出して被保険者の方々に説明する。

金額の根拠や保険内容を説明しながら協定を結ぶというもので、所謂保険屋の

手下みたいなもんです。

ロクな講習も受けずに全く見たことのない保険の書面を一日目から査定させられたのには、

強引過ぎるだろうと少しカチンと来ましたが、プライドがあるのでなんとか

三日程度で大方頭に叩き込む事が出来ました。

そんな中、保険会社のスタッフから色々な質問を受けながら建築的な観点で何かを教えたり、

頼りにされたり、また全く初めてやる仕事内容に今は面白さを感じています。

最初の一週間は一日あたり約10件程度の処理率でしたが、
今では一日約20件もの事故の処理を敢行出来るまで慣れてきました。
一分一秒を大切に猛烈に仕事をしています。
そんな中、お客さんに電話越しで感謝して戴いたり、怒られたり、毎日沢山の方々と電話越しで触れ合うことがとても有意義で楽しいです。

こういった企業で働いた経験も今まで無かったですし、災害対策本部という

この臨時の部署で働く事に新鮮さを感じています。

部署の方々とも冗談を言いながら和気あいあいと仕事をこなしています。

一級建築士の人工はなかなか高いので、ギャラも結構貰えます。
お金が問題では無いですが、これで会社にそこそこの収入が入るのであれば

一石二鳥であります。

また、福島の方々は独特のゆるさと温かさがあり、その感覚の中で自分の東京での

ギスギスした感覚もほどけて、日々心を平穏に保ちながら過ごしていますが、

昨夜は部署の飲み会でありました。
同じ立場の建築士で50位の方がいて、良く、ズレてるな、ひがみが強い人だなと

私は感じていましたが、昨日はバーで明らかに僕に突っかかってきていたので

流石にキレそうになってしまい、胸ぐらを掴むとこでしたが、相手は二級建築士

私は一級建築士、しかも年下、ひがむのも少し分かるなと思い、

グッと堪えようとしましたが耐え切れず「挑発してるんですか?」と一言いって

後は黙って一人で飲んでいました。

久々にマズイ酒でした。

怒りは自分の心が後退する事なので今はそのひと言を言ってしまった

自分の甘さに反省していますが、今朝相手が謝ってきたので僕は恐らく間違って

なかったんだとも思います。


まあ、何事もなかったかのように紳士的に今日は彼に接する事が出来たので

安心しています。

また、こちらはまだ放射能も高いので健康には気を付けていますが、

食事は全て外食なので防ぎようがありません。

ただ最近お気に入りの定食屋が見つかりました。

まるで山奥の旅館のような炉端焼きのお店ですがおばちゃんの笑顔と

テンションが素晴らしい塩梅でおじちゃんが本当に美味しい料理を作っています。

見付けてからここ五日間、毎日昼飯を食っています。
日替わりは一種類しかなく毎日違うメニューになります。

多少の内部被曝はあるでしょうが、美味しいご飯を美味しいと思いながら

感謝して食べる事でそんなもの吹き飛ばしてくれる。
バランスの良い食事とポジティブな心を保つことで放射能なんて吹き飛ばせるし、

病気からも身を守れるだろうと確信して生活しています。

今は福島の方々とこうして日々を過ごして新たな感情が芽生えた事、
今この境遇にいれることに感謝しています。

まだ寒さの続く郡山ですが、私は健康になって東京へ帰ります。

自分の人生のターニングポイントでもあるのかな、良い経験を積んで東京へ

帰るつもりです。

真っ直ぐに立つ木のようになりたい

それでは洗濯をしてサウナに入ったらおばちゃんに会いに直木(すぎ)へ行って来ます。

皆さんも良い夜をお過ごしください。

それでは

連載コラムがスタートしました。

以前よりライターをやらせて頂いているQeticにて、

今月より連載コラムがスタートしました。

ファッション、音楽、アートなどのカルチャーを中心に

それに関連する美容や飲食に至るまで、ストレートに切り込んだ

リアルな記事をお届けしたいと思っています。

 

関係者の皆さん、ブログを読んで下さってる皆さん、

是非こちらもご覧下さい。

 

click here↓

http://www.qetic.jp/column/km-post01/110913/

f:id:hynm_miyazawa_kana:20140310004608p:plain

 

半身浴をしながら読書をして、顔のパックをしながら身体はスクラブ。

日常的に行っているお風呂のフルコース。

女はせっかちで器用だから同時に2つのことが出来るというけど、

本当はとても欲張りな生き物なのだと思う。

 

”美”は、顔にも身体にも肌にもファッションにも欲しい。

女なら誰でも思うこと。

私は、人の記憶に残ることがしたい。

正確に言えば、もっともっといろんなことを望んでいるのだと

思うけど、

”人の記憶に残る仕事”

”人の記憶に残る記事”

”誰かの記憶に残る女” 

これがあれば、ほとんどの欲が満たされる気がする。

 

だから、言葉を伝える仕事を選んだのかもしれない。

顔も名前も知らない不特定多数の人に向けて、

あるいは、特定の誰かに向けて。

記憶に残る名作のような人物になりたい。

http://instagram.com/p/lVARzaysU9/

http://instagram.com/p/lVAhchSsVe/

 

 

一流

 f:id:hynm_miyazawa_kana:20140305040238j:plain 

”ベルリンはドイツの他のどこの都市よりもエキサイティングだ。

こんな素晴らしいところは他にない。”

 

AFTER25のカンファレンスに出演したゲストスピーカーたちは、次々にそう言った。

現地で活動するアーティストも口々の”ノーストレス”と言う。

"I know of course it”と思ったけど、私の”知っている”など、知っているに入らない。

たった数日いただけで衝撃的な恋に落ちたことは確かだけど、

彼らはそこで確かな実績を残し、貢献し、人から敬われている。

そして、誰よりもベルリンへのリスペクトを持っている。

 

BAR25の仕掛人Juval、MORETRAXのRyoさん、EyeEMのGenちゃん、

とても魅力的な人たちだった。大人なのに目の輝きは少年そのもの。

自分たちのやっていることに確固たる自信を持ち、とことん人生を

楽しんでる人たちの放つオーラは違う。

 

それと同時に自分がとてもちっぽけに思えた。

かつては彼らと同じように”東京”を思ったのだけど、今は困惑の中にいる。

でも、遠い海の向こうにいる”とんでもない人たち”と出会う度、

私は背中を押され続けるのだろう。

 

友人が言った衝撃の言葉。

”男はやってることが一流ならそれでいい。他はいらない。”

な、なるほど。。w 


Bar25 - Days out of Time Trailer - English Subtitles ...

 

BANANA×MORETRAXが主催したディナー交流会とUNITでの

アフターパーティーの模様を取材してきましたので、後日レポートを

お届けします!お楽しみに♪ 

 

 

 

 

 

世界情勢

本当は東京に残ったままでいた方がいろんな仕事が出来たけれど、

どうしても帰りたくなって、足早に新宿からあずさに乗った。

 

豪雪の影響で1週間も動かなかった中央本線の線路沿いには、

被害の後を物語るような薄汚れた雪が固まって積まれていた。

 

ここ何日かの世界情勢には恐怖しか感じない。

食べ物が何も陳列されていないスーパーの棚と雪の壁に覆われて、

狭くて暗い奇妙なほど静かな道路を車で走ったあの夜を忘れられない。

同時に、3.11のあの日を思い出す。

 

この世の終わりを感じる恐怖心と映画の中の出来事だと

思うようなリアリティーのなさに混沌とするあの感覚。

http://instagram.com/p/k2HyB8ysd-/

麻布十番の元WAREHOUSEだったクラブの摘発、

何ひとつ解決されてないのに原発再稼働の高い可能性、

大量の人が殺されたウクライナキエフでのデモ、

イラクよりも亡くなる人が多いというベネズエラの治安情勢、

 

キエフの話はあまりに衝撃的過ぎて、しばらく放心状態に

入ってしまったけど、災害に、事件に、大きいも小さいもない。

そこには全て”人の命”が関わっている。

 

世界は確実におかしな方向へ進んでいる。

 

旧型の古いあずさがガタガタと揺れる中、急ぎの原稿チェックを

しながら、東京にいる間の慌ただしさとたった1週間の中で起きた

いろんな出来事について考えた。

普段はあまりならないのに、飛行機の中と同じように気圧で頭が

ギューって痛くなって、疲れも一気に出た。

 

いろんなことを詰め込みすぎるのは良くない。

それでも考えずにはいられない。

3.11が起きるまで私は本当に無知だったし、選挙にも政治にも

全く興味がなかった。今はそれをとても恥ずかしいと思ってる。

自分の国のことなのに、無関心で無知で何もしなさ過ぎたのだから。

 

ジャーナリズムを気取るつもりなんてないし、これからも

好きな服を着て、好きな靴を履くことを一生やめないし、

好きな音楽で踊り続けたいと思うけど、常に頭の片隅には

忘れちゃいけないことがあって、そうゆう意識を持ち続けて

ずっと生きていくんだなあって。

 

夏の真っ青な空と海が無性に見たいこの頃です。

スーパーマンみたいな救世主、現れないんでしょうか、、、

スーパーマンぢゃないけど、こんな指導者がイイな。


Friendly president 心やさしい大統領 - YouTube

 

 

 

 

 

 

Going my way

From Instagram

f:id:hynm_miyazawa_kana:20140209234048j:plain

ネイルは誰かに触れてもらうための足や手になるために生まれて

きた気がする。何も色のないつま先はとても悲しそうだから。

数日前に塗った自分のペディキュアを見ながらそんなことを思った。

涙型にデザインされたプラットフォームとゴールドウェッジに

柔らかいキャメルレザーのフロント、絶妙にカッティングされた

オープントゥーから見える赤とゴールドのコンビネーションがお気に入り。

これだから美しい靴を買うのを止めれないのだと思う。

 

f:id:hynm_miyazawa_kana:20140208234753j:plain 

http://instagram.com/p/kUiLrdSsRr/

 

街中に溢れかえるUGGとダークカラーのダウンジャケットを

見ていると”なぜ人は他人と同じになりたがるのだろう?”

”目立たず、他人と馴染むことを好むだろう?”と思う。

 

オシャレは目立てば良いというものではないけど、個性は大事。

人間としての個性は大事とされるのに、なぜファッションでは

”ちょっと変わってる人”や”派手な人”扱いになってしまうのだろう。

 

それより、日本人特有の短い脚を強調するようなムートンブーツは

スレンダーな人以外は履かない方が良いと思うし、インソールも

入っていない形崩れしたブーツはみっともないから、今すぐ処分して

欲しい。

 

チューブトップやノースリーブも鎖骨が出ているスレンダーな

人の方が断然キレイだと思う。バストもない方が変なイヤらしさが

なくてスタイリッシュだと思う。

本当の”オシャレ”とは自分の体型、肌の色、顔のパーツ、骨格、

サイズを分かっていて、それに似合うものを分かっている人

だと思う。

 

自分と同じ洋服やバッグや靴の人と街ですれ違うほど

恥ずかしい気分になることはない。

 

 

 

 

PR⇄WRITER

ファッション、音楽、カルチャーといろんな媒体と

お仕事させてもらってますが、1つの案件を進めて途中で

また他の案件がやってきて、同時進行で進めていくのが

通常のスタイル。それは、PRでもライターでも同じ。

そんなやり取りの中で、PRの立場で校正を戻しながら、

ライターの立場で”こうゆう特集をやりたいんです。”という

提案をさせてもらうことが多くなったこの頃。

 

以前から好きで愛読していた雑誌や参考にしているweb媒体と

自分がやりたい企画の話が出来るなんてとても嬉しいし、

今の自分のモチベーションが最高に高まる瞬間。

 

早くいろんなところでいろんな”私企画”を公開したい!

第一弾はもうすぐお届け出来ると思うのでお楽しみに♪

 

最近やらせて頂いたアーティストインタビューのご紹介を。

まずは、本サイトであるフイナムにて、昨年末に来日していた

イタロディスコの帝王ダニエル・バルデリとニューアルバムを

リリースしたばかりのFONのKZA氏によるエクスクルーシブ対談です。

http://www.houyhnhnm.jp/culture/feature/kza-x-daniele-baldelli.html

f:id:hynm_miyazawa_kana:20140213182530p:plain

 

続いて、先日開催された創刊10周年を迎えたNYLON JAPANの

アニバーサリーにゲスト出演していた台湾のガールズバンド

Go ChicのライブレポをQeticにてお届けしています。

Go Chicは引き続きインタビューも行います!

http://www.qetic.jp/music/gochic-report/109968/

 

f:id:hynm_miyazawa_kana:20140213183030p:plain

是非、ご覧下さい!